借金返済 体験談

借金に関する軽い気持ちが長いお付き合いに

借金に関する軽い気持ちが長いお付き合いに

初めて借金をしたのは軽い気持ちでした。仲の良い女友達6人での夏の沖縄旅行の企画に絶対参加したくて一人暮らしでそんなに余裕のある生活はしてなかったので貯金もほぼ無かったけど旅行後多少切り詰めた生活をして返せばいいや、と深く計画的なことは考えず初めてクレジットカードから10万円キャッシングしました。

 

まるで自分の貯金かのようにATMからごく簡単に引き出せたことは今でもよく覚えています。楽しい旅行から帰宅。月々の支払いが始まります。月々返済3万円。切り詰めたのはまず食費。今までのコンビニ通いは避け、多少遠くてもスーパーへ行くようにし、食費を抑えることでまず浪費を抑えました。

 

4ヶ月もあれば全額完済だと2ヶ月間は平穏に返していました。が、3ヶ月目にさしかかる頃、仲の良い友人ができちゃった結婚で突然結婚。慌ただしいまでの結婚式に参加することになり再び予定外の出費です。ここで再び私はキャッシングをすることになります。

 

 

結婚式用の洋服、美容院代、ご祝儀、など検討して6万円、ちょうど私が2ヶ月かけて返済した借金がまた振り出しに戻りました。
借金を長く返していると、切り詰めた生活に次第にストレスを感じてきて気軽に近所のコンビニで贅沢に思い切りお菓子を買いたい、新しい洋服を買って気分転換してまた切り詰めた生活をすればいい、等とどんどん自分に甘くなり、最終的には月々の支払い額を減らせばいいんだ、という閃きから返済額を月々1万円に減額。

 

生活を切り詰めて返せていたはずの3万円が、今や1万円の返済も窮屈に感じる始末、結果的にだらだらとした生活で、更に何かのイベントごとには追加でキャッシング。沖縄旅行から1年経った現在、なぜか18万円に膨らんだキャッシングと未だ付き合っています。

ホーム RSS購読 サイトマップ